埼玉県小川町で柿渋作り…そして梅ちゃんとの出会いも♪♪

LINEで送る

8月20日(日曜)は、埼玉県小川町にて、柿渋作りを体験してきました。

 

柿渋って、未熟な青柿を発酵させて作るもので、

紙に塗ることで、皮みたいな感じになって、防虫や防水効果なんかもあったりもするんですって。

古来からある天然素材のニスみたいな感覚なのかな。 

 

実は私、柿渋のことはよく知らないのだけれど…(笑)

小川町にいい梅の木ちゃんがいらっしゃるようだ、と聞きまして、

これはちょうどいいかも!!と思って、

醸カフェさん主催の柿渋作りの講座に参加したのであります。

 

柿渋作りは、

かたーい青柿をひたすら収穫、枝をカットカットカット、

そして実をつぶしてつぶしてつぶして…と汗をかきながら大人数で作業をしていると、

山奥で自給自足しているような気分に…(笑)

(自給自足もしたことないので想像だけれど!)

 

大変に便利な平成の世の中ですが、

なんでも簡単に手に入ると思っちゃイカンのだなーなんてことを思う、

貴重な体験でした。大変だったけど(笑)でもでも楽しかったよ!

 

それにしても、

青柿が青梅に見えてしょうがない…。

 写真

 

埼玉県小川町は、農業がとってもさかんで、有機農業をされている方も多いそうです。

あちこちで梅の木さんとの出会いもありまして、

とってもステキな1日でありました!! 

来年の初夏には

関東でも収穫体験のワークショップなどもできるんじゃないかな〜とワクワクしているところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>