6/24(土曜)は東京・西荻窪にて梅干し作り講座でした!

LINEで送る

6月24日(土曜)は、

東京・西荻窪にある醸(かもし)カフェさんにて、梅干しと梅シロップ作りの講座でした。

写真 11 のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も、

甘く気品ある香りをふりまく魅惑の梅ちゃんがお迎えいたしました♪写真 3

日本一の梅の産地、

和歌山県みなべ町からやってきた、美しく可憐な梅ちゃん!!「南高梅」です。

松嵜さん、今年は本当にお世話になりました!

 

お店に足を踏み入れたとたんに、皆さん香りの良さに感動するのが嬉しいよね〜。

完熟した梅ちゃんの香りの良さったらもう!!!

あまりの魅力に皆さん写真を撮りまくり。

「香りが写らないのがくやしいよね〜〜」って。

その気持ち、すごくわかるわ〜。

 

一度この香りを体験すると、

それが楽しみで翌年も梅干し作りをする!という方も多いのです。

写真 12 

 

ワタクシはこの日も梅コーディネートに身を包み、

梅ちゃんへの愛を語りまくり…笑

残り少ない今年の梅の実の季節。

ご自宅でも、また来年も梅仕事を楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

梅干し柄のバッグと

梅染めショール(バッグに付けているピンクの、だよ)を自慢中のワタクシ。

もちろんTシャツは梅干し柄です♪

梅バッグ のコピー

 

写真 2 17.49.46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました!

食に深〜い関心を持つ方々が集まる醸カフェ。

皆さんとても熱心で、楽しい時間でありました!

梅干しが大好きという3歳の男の子も嬉しそうに仕込んでいて、

これは将来が有望だわ!!と、つい熱い視線を送ってしまうのでした。

 

写真 11 のコピー

 

お世話になった醸カフェの品田さん、

そして前回に引き続き手伝ってくれた梅友(うめトモ)のはなみちゃん、

どうもありがとうございました!

はなみちゃんのお母さんからもおみやげをいただいちゃった。

写真 2 のコピー

こういう素朴なお菓子が大好物です♪♪

ありがとうございます!お元気ですか〜?

 

さてさて、

この日使用したのは下記です。

塩はシママース、砂糖は喜界島のきび砂糖

焼酎は豊永蔵の35度、熊本産です。

 

前回使った焼酎は鹿児島産、小正醸造の玄米焼酎35度で、

こちらもおすすめです。

 

どちらの焼酎も梅酒作りにもぴったりです。

梅酒は今回は作っていませんが、梅と砂糖を入れるだけで、これまた超簡単!

しかも自分好みに砂糖や甘さが調整できるのもいいよね〜。

 

ちなみに…この日、ワタクシが着ていたTシャツと梅干し柄バッグは

和歌山みなべ町のデザイナー「kumanono…」さんが作ったものです。

梅染めのショールは、同じくみなべ町の梅染め愛好会さんの作ったもの。

梅の花(たぶん!笑)柄のもんぺは、久留米絣で、

福岡県八女市のうなぎの寝床さんのものでありました。

 

どの商品も回し者ではありません〜!笑

 

皆さんの梅干しと梅シロップがおいしく仕上がりますように!! 

梅ちゃんが変化していく姿を楽しんでくださいね♪♪