カテゴリー別アーカイブ: 梅園だより

プチ梅園も育ってます!

実は、福岡にもうひとつ、プチ梅園があります。

 

それは、副所長たかこ宅のお庭なんですけど、

すごいんですよ。

なんと、梅の種から育てていて、つい最近は接ぎ木に成功したのであります。

じゃじゃーん!こちら。

梅干研究所の理事長(たかこの旦那様)が丹精込めて育てた成果でして、

いや〜めでたいです!

 

種は、梅干研究所梅園のある福岡県・新宮町のじゃがいも村で収穫した梅のもの。

接木した木もじゃがいも村の梅の枝。

梅干研究所がこよなく愛するじゃがいも村の遺伝子が受け継がれるのでは!!

と期待をしているところです。

 

そしてこちらはじゃがいも村の梅の種から育った子供たち。

プチ梅園、かわいいでしょーー。柔らかな葉の愛らしさったら!

(所員一同、梅バカです…)

もっと近くで見たいかな。ほら!とってもキュート♡

梅の木の可愛らしさをアピールできて、大満足の梅干研究所でした!

梅の実の季節はもうすぐですねえ♪♪

梅ちゃん、育ってます!

副所長たかこより梅園のレポートが届きました!

 

4/26に梅干研究所の梅園に行ってきました。今回はのぶこセンセも一緒です。

良いお天気で気持ちよかった!

葉っぱもたくさん出てきてて、

スクスクと梅ちゃんも育ってます。

前回細長かった梅ちゃん、今回はずいぶん丸くなってるよ〜。

 

ぷっくりしてきた梅ちゃん♪ かわいいでしょ!!

 

のぶこセンセはこの日じゃがいも村に初訪問!

ネックレスが梅の花に見える!笑

梅ちゃんの撮影に励む副所長たかこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実が育ってます&収穫体験もお楽しみに!

副所長たかこより梅園の報告が届いたよ~。

4/10(土)、天気は快晴、気温はここ数日よりやや低めの16だったけど、

梅林ではちょうど良い感じでした。

 

木や土の香りに癒されながらせっせと草刈り作業です。

無心で草を刈るのが楽しい!

小さいカエルとてんとう虫もお出迎えしてくれました。

てんとう虫が特にたくさんいたよ。

 

たかこの草刈り姿♪

 まんなかあたりにいらっしゃいます。

てんとう虫さん。

そして、気になる実の育ち具合ですが、だいぶ大きくなってました!

実の数は去年よりは多そうです。

写真は実が多そうなところを撮ってます(笑)

 

以前行った「耳かき受粉」の効果は少しはあったかな。

「耳かき受粉」の記事

 

それにしても、梅のなり具合というのは、何に関係するのか、

本当に不思議です。どんな作物もそうなのだろうけれど。

 

温暖化など気候変動の影響か、受粉時の虫の数が関係してくるのか、

あるいは梅の木の調子なのか、土の関係もあるのか、

いろんなことが複合的に関係しているのだろうなとも思われ、

梅の木のお世話をしながら色々感じる日々です。

 

さてさて、今年は収穫体験も行います!

5月下旬の週末あたりで日程を調整しているところです。

実のなり具合も観察しながら、日程決めようと思っております。

また決まり次第お知らせしますね。

ぜひぜひいらしてください。自慢の手作り看板も見て欲しい(笑)

 

梅の木さんのお手当て。

今日の梅園だよりです。

 

花はもう終わりな感じ、これから少しずつ実ができてくるはずです。楽しみ!

 

今回の目的は梅の木さんのお手当てです。

 

前回、梅干研究所の梅園(福岡県・新宮町)で枝の誘引をしたのですが、

実はその時にちょっと引っ張り過ぎてしまい、枝がミシッとなってしまったところがありまして(梅の木さん、ごめんなさい〜!)

本日は、そこの補強をしてまいりました。

 

接木テープをまきまき。

でも、もう梅の木が自分で治ろうとしている感じでした。

梅の木さんは強いなあ。

早くよくなりますように。

 

試行錯誤しつつ、梅の木さんと仲良くがんばってまいります!

 

少しだけ花の名残り。

 

耳かきで!

3月ですね。

副所長たかこよりレポートが届きました。

 

2月27日の時点での梅園(福岡・新宮町)は、満開が過ぎて、

花はそろそろ終わりかけといった感じです。

 

今回、梅園にてチャレンジしたのは、「耳かきを使った受粉」!

耳かきのモフモフした部分を使って、受粉させる方法です。

果樹の栽培などでされているところもあるようです。

 

梅の木の受粉は、蜂さんが活躍するのですが、

気候などなどによっては蜂さんの活躍がイマイチなことも。

そもそも蜂さんが少なかったりね。

蜂さんを連れてくる、という方法もありますが、それもなかなか大変だったりもして、

小規模の農園であれば、耳かき受粉も有効らしい、のです。

(ひとつひとつ手作業だから、大規模農園では大変過ぎる…笑)

 

という訳で、

「ブーンブーン」と言いながら、

耳かき受粉作業を行ったのは、梅干研究所理事長氏(たかこの旦那様で、農園作業で特に活躍中!)。

 

「ブーンブーン」は蜂の羽音ということで、きっと梅の木さんも

気分よく受粉できたのではないかと思っております。たぶん…!

 

他にも、木の形を整えるべくロープで引っ張ってみたり、

あれこれ実験してみています。

 

きっと豊作に違いない!

 

今年は、梅干研究所農園の梅の木で、梅の収穫体験も予定していますので、

楽しみにしていてくださいね。

梅シロップや梅酒用の青梅収穫と梅干用の熟した梅収穫の2回できたらいいな、と考えているところ。

また決まり次第お知らせしますね。

たくさん実った梅園を想像するともうワクワクドキドキ…!