土用干し(天日干し)について


梅を塩に漬けて、半年待てばできあがり! 

本当に簡単に作れちゃう梅干しですが、

土用干しをしたらもっとおいしくなります。

 

ちなみに…

土用干しをしていないなら「梅干し」とは呼ばないのでは??

という考え方も確かにあるのですが、

塩漬けしただけでも、ちゃーんと梅干しの味で、しかもとってもおいしいので、

梅干研究所では、干してなくても、堂々と「梅干し」と呼んでおります、えっへん。

 

そんな訳で、

無理してしなくてもいいんだけれど、

ちょっとでもしたらおいしくなるよ!というのが土用干しです。

 

【土用干しって何?】

梅を塩漬けした後に、お日様に当てて干すこと。

旨味がアップします。

 

【いつやるのか】

 

塩漬けして、10日後くらいからできます。

夏のうちに行えばOK。

最近は、暦にこだわったりすると晴れてない…なんてこともあるので、

お天気の日にやる、という感覚でいいですよ〜。

カラリと晴れた日、サンサンとお日様が照り付けている日、なんかがとってもおすすめです。

その年にできなかったら、翌年やったっていいよ。気楽にね。

 

【どうやったらいい?】

ご都合に合わせて、無理ない範囲でやってみましょ〜。

 

一番簡単なのは…

ジップロックで漬けたなら、ジップロックのまま、

ガラス瓶で漬けたなら、ガラス瓶のまま、お日様のよく当たる窓辺に置くこと。

1日とかでもいいけれども、1週間くらい置いといたら、もう充分だよ!

 

少し余裕があったら、

 

よく晴れた日に、ジップロックのジップを開けて、ホコリなどが入らないように、軽くヒモか輪ゴムなどで口をしばって、外に置いておく。

ガラス瓶で漬けたなら、ガラス瓶のフタを開けて、キッチンペーパーなどで覆い、

輪ゴムやヒモで止めて、外に置いておく。

梅ちゃんが呼吸できるような感じで空気は入れつつ、

でもホコリなどが入らないようにしたい、そんな感じです。

 

これも1日でもいいし、余裕があれば、昼間の間だけ1週間分のお日様を当てたらOK!

日が暮れたらおうちの中に入れて。

雨の日はお休みしてね。

 

もう少し余裕があれば、

ザルに広げて干したら、もう最高!

 

ザルがなければ、トレーなんかでもいいかも。

金属だと腐食しちゃったりするので、

竹などの天然素材、もしくはプラスチック素材などがいいです。

 

柔らかすぎて、梅の皮が破けそうという場合は、クッキングペーパーを敷いておくといいよ。

 

袋や瓶に入ってる梅酢もお日様に当ててあげてね。

 

半日でも、1日でも干したら、充分に旨味はアップするし、

3日間干したら、もうそれはそれは素晴らしい梅干しになるよ。

 

3日間干す場合は、雨が降ったらお休みで、計3日分のお日様を当てるよ。

 

梅ちゃんはお日様が大好き。気楽に土用干しをしてみてね。

 

夜通し干すとか、夜露に当てるとか、途中で梅酢に漬けてからまた干すとか、

歴史の中にはいろんな方法が残っております。

気が向いたらやってみて、気に入ったら、自分のやり方として取り入れる、そんな感じで

ゆるっとやるのがいいんじゃないかな、と考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です