梅ジャムの作り方(青梅で作る)

青梅で作る梅ジャムの作り方です。

 

熟した梅で作る場合も同じように作っても大丈夫なんだけれど、

こんな風に作ってもいいよ、というレシピです。

熟した梅だとこっちのほうがおいしいかな。

梅ジャムの作り方(熟した梅で作る)

まあ、どの作り方でも大体おいしくできるのだけれど(笑)

 

ジャムのいいところは、どんな状態の梅でも作れること!

熟しすぎて梅干し作りには向かない感じでも、ジャムなら大丈夫。

あまりにも痛んでる場合はそこだけ切ってしまえばOKですよ。

 

青梅の場合は、熟した梅よりも酸味が強いので、砂糖は多めがよいです。

甘さ控えめで作りたい場合は、砂糖を少しずつ入れて、味見しながら仕上げてくださいませ。

 

動画はこちら。

 

【材料】作りやすい量

梅 500g

砂糖 350g

 

*梅の量はこれより多くても少なくてもOK。梅の重量の70%で砂糖を用意してください。

*砂糖はお好みのもので。白砂糖でもきび砂糖でも黒砂糖でも、どんな

 

【作り方】

1)梅を水洗いし、タオルやふきん等で水気を拭き取ります。

2)鍋に梅と梅がかぶる程度の水を入れて、火にかけます。

3)沸騰したら、アク抜きのために湯を捨て、再度水を入れて煮始めます。

4)しばらくすると梅が煮崩れてくるので、種を取り除きます。

おたまと菜箸などを使うといいでしょう。

5)砂糖を加えてとろみが出てくるまで煮込みます。

煮込み時間10分程度なら、フレッシュ感のある味わいですし、

30〜40分じっくり煮込めんだ味もおいしいです。お好みで。

6)煮沸しておいた瓶に入れてフタをします。粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

7)保存は冷蔵庫で2ヶ月程度で食べ切るといいでしょう。

食べ切れない場合は冷凍保存も可能ですが、やや風味が落ちます。

 

ジャムを長期保存する場合は、瓶詰めの際に脱気などの処理を行ってください。