梅酒の作り方

あっという間に仕込み終了、ほったらかしでできあがり!

梅しごとビギナーにもおすすめしたいのが梅酒です。

熟成させる楽しみもあります。

 

【おすすめの梅】

青梅が梅酒・梅シロップ用として販売されていますが、梅干し用の熟した梅で作ってもおいしく仕上がります。

青梅ならすっきり爽やかな味わいに、熟した梅なら香り高いコクのある味わいになります。

 

【材料】

梅 500g

焼酎(ホワイトリカー) 900ml

砂糖 200g

 

*焼酎はアルコール度数35度以上のものをご使用ください。

*甘さ控えめのレシピです。甘い梅酒にしたい方は砂糖500gで作りましょう。

*砂糖はお好みのものをご使用ください。

*焼酎はいいものを選ぶと仕上がりも違います。

 おすすめは小正醸造の玄米焼酎です。すっきりとクリアな味わいですよ〜。

*ジンやウォッカなどに漬け込むのも楽しいです。

 ブランデーに漬けるとお菓子作りにもぴったりなお酒ができあがります。

 

写真は仕込んだばかりの状態。これは氷砂糖で作ったもの。

【作り方】

1)梅を水洗いする。青梅の場合はアクを抜くために1〜2時間ほど水に浸ける。

2)梅の水気をふきんなどで拭き取る。

3)容器に梅と砂糖を入れ、焼酎を注ぐ。仕込み終了!

4)常温で3ヶ月程度で飲むことができます。

 

*時間が経てば経つほど、だんだんと色づいてきて、味も

おいしくなり、年々熟成して旨味が深まります。

 

こちらは仕込みから1年ほど経った状態です。

梅の種類、焼酎の銘柄や砂糖の種類によっても色づき方、色づきの速度は変わります。