アンケートの質問に回答します⑥〜梅酢はどのくらい保存できる?

今回は「梅酢はどのくらい持つの?保管はどうしたらいい?」というご質問に回答しまーす。

梅酢のお話です。

 

梅酢っていうのは、梅干しの中にある液体のことね。

収穫した生の梅を塩漬けすると出てくるもので、

酸っぱくって、梅の旨味がたっぷり溶け込んでいる梅のエキスです。

 

で、基本とても長持ちするものではあるんだけれど、

塩分濃度などなど、どうやってできた梅酢なのか、によっても変わってきます。

 

梅と塩、シソだけでシンプルに作った梅酢であれば、

(あ、作る工程で焼酎とかホワイトリカーとか使っているのは全然OK、気にしなくて大丈夫です)

常温で数年間大丈夫です。

 

とはいえ、作った時の塩分濃度が低ければ低いほど持ちは悪くなりますので、

12〜13%以下であれば、冷蔵庫での保管が安心です。

それ以上の塩分濃度であれば、常温でも大丈夫です。数年持ちます。

ただ、年々色が濃くなってきて、2〜3年以上経つとゼリー状に固まってしまう場合もあります。

10年くらい経つと、だいたい固まるかな〜。

梅のペクチンの関係で、

容器の形にがっちり固まってたりすることもあるし、

使うのはちょっと…という感じになります(笑)

 

なので、1〜2年以内くらいに使い切るのがおすすめです。

冷蔵庫に保管する場合も、1〜2年くらいを目処にどうぞ。

 

塩以外のもの、はちみつや砂糖などを使った梅干しの場合だと、

あまり持ちませんので、冷蔵庫保管の上、半年〜1年程度で使い切る、くらいがいいと思います。

 

市販されている梅酢の場合は、表示に従ってくださいな。

市販されている梅干しの梅酢も同様です。

 

梅酢は、調味料感覚でアレコレ使える便利なものです。

夏は水や炭酸水に少し入れて飲むのもいいし、

ここに梅シロップも入れて、スポーツドリンク感覚にするのもいいよ。

おむすびを握る時に手につけて握るのもおすすめ!

お料理にも活躍するよーーー。

 

梅酢の活用についての記事はこちら。

 

梅酢は本当にとっても便利なので、今後も記事や動画をあげていこうと思ってます。

 

そうそう、梅酢を保存する容器についてもちょっと買いておこうかな。

ガラス瓶が一番のおすすめです。

ペットボトルでもOK。

金属は不可。金属が変色したり、梅の酸で穴が開いてしまうこともあるので。

でも、例えばガラス瓶でフタに金属が使われている、みたいな場合は、

常に梅酢に浸かっているような状態じゃなければOKです。

 

梅酢は小さいボトルなどに入れて、すぐに使える状態にしておくと便利だよ〜!

 

ではではまた!