梅の一生

 

     二月三月花盛り 鶯鳴いた春の日の

  楽しいことも夢の内 五月六月実がなれば

  枝から振るい落とされて 何升何合量り売り

  もとより酸っぱいこの体 塩につかってからくなり

  紫蘇につかって赤くなり 七月八月暑い頃

  三日三晩土用干し 思えば辛いことばかり

  これも世のため人のため しわは寄っても若い気で

  小さな君らの仲間入り 運動会へもついて行く

  まして戦のその時は なくてはならぬこの私

 

 

CA3D0026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です