和歌山みなべで見つけた梅アイテム


先日訪れた和歌山みなべ町にて、

ステキな梅アイテムをたくさん見つけてきました!!

 

写真 15

 

梅干しが描かれたTシャツ!

地元のkumanono..というデザインユニットの方々が作ってらっしゃいます。

梅干しがモノクロっていうのが新鮮だし、

すごくかっこいい! 

 

ピンク色のストールは梅染め。

シルクの光沢感が写真で伝わるかな…。

淡いピンクが上品なのです。

写真 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅染めは、

梅染め愛好会の方々が作ってらっしゃいます。

梅の花ではなくって梅の木の樹皮を使うそうで、

もちろん梅の木は「紀州南高梅」の木です。

色もピンク系、オレンジ系、ブラウン系など色々。

素材もシルクだけじゃなくてコットンのものもあって、

絞り染めのタイプとか、生地そのものの柄を生かしたものなどもありました。

 

写真 13

 

これはブラウン系の梅染めで、写真にはうまく撮れなかったのだけれど、

ツヤのある色合いがいい感じ!

 

どれも明るい和歌山の日射しには特に映える気がしました。

東京でもこれからの春の明るい日射しにぴったり!!

 

梅サミットのスタッフの方々は梅染めのストールをお揃いで首に巻き、

みなべ町役場の男性陣の方々は梅染めのネクタイを皆さんお揃いでされていました。

ネクタイは上の写真にあるシルクのピンクに似た感じの色。

誰にでも似合ういい色なんだなあと思いました。

 

ちなみに、

最初の写真に載せてた紺色のは梅の花柄の藍染めもんぺ。

これは岐阜に行った時におみやげ屋さんで見つけたもの。

和歌山で買った訳じゃないのだけれど、梅つながりで合わせてみました(笑)

 

これは梅干しのバッグ。kumanono..のアイテムです。

真っ赤でツヤツヤした梅ちゃんがたまらない…!

写真 12

 

kumanono..の方々は梅サミットの時の会場デザインもされていて、

梅の枝をたくさん使った作品がカッコよかったです。

 

梅の種のTシャツも買っちゃった。

 写真 14

 

食べるだけじゃなく、

梅の魅力ってまだまだたくさんあるなあ……!

梅の可能性は無限大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です