新しい研究員のご紹介です!

梅干研究所に新たな研究員がやってまいりました。

身もココロも梅でいっぱい、超期待の新人です。

 

じゃじゃーーーーん!!!

「梅ロボ」です!!

娘が、加工アプリを使って写真に水玉を飛ばしてくれました。

 

身長約45cm(触覚部分も含む)のかわいい子です。

 

実はこの「梅ロボ」は、所長トキコと娘の共同制作、手作りなんです。

厚紙を切って、組み立てて、自由研究の世界…。

目は梅干しのマグネットを使ってます。

 

で、この梅ロボは何なのだ!?と皆さんお思いでしょうけれど、

なんというか、梅干研究所のマスコットというかなんというか…ごにょごにょ。

作ってみたかったんですよ…。

梅干研究所、そんなのばっかり…(笑)

 

遡れば7〜8年前になるでしょうか、

なんとな〜〜くトキコがお絵描きした「梅ロボ」のイラストがありまして、

それがこちら。

気に入ったので、イラストを取っておいたんですけど、

10周年だし、形にしてみる!?とふと思いたち、

作ってみた次第です。

 

腕や顔は可動式。

腕で梅をつかむことができて、

デジタル数字で塩分表示なんかをしてくれる、という設定でして、

お腹のカバーは開閉できます。

中には梅瓶のミニチュアを入れてみました。

イラストにはなかったけれど、しっぽをつけてみた。

我が家では、皆が「超かわいい〜〜〜!!!」と写真を撮りまくり、

アイドルのような存在となっております。

 

皆さんの梅ゴコロもアップすること間違いナシ!の梅ロボちゃんのご紹介でした〜(笑)

 

小さいバージョンも作ってみようかな、なんて思ったりもしてるところ。

その時はぜひともまたお付き合いくださいませ。

 

研究員としての梅ロボのプロフィールはこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です