耳かきで!

3月ですね。

副所長たかこよりレポートが届きました。

 

2月27日の時点での梅園(福岡・新宮町)は、満開が過ぎて、

花はそろそろ終わりかけといった感じです。

 

今回、梅園にてチャレンジしたのは、「耳かきを使った受粉」!

耳かきのモフモフした部分を使って、受粉させる方法です。

果樹の栽培などでされているところもあるようです。

 

梅の木の受粉は、蜂さんが活躍するのですが、

気候などなどによっては蜂さんの活躍がイマイチなことも。

そもそも蜂さんが少なかったりね。

蜂さんを連れてくる、という方法もありますが、それもなかなか大変だったりもして、

小規模の農園であれば、耳かき受粉も有効らしい、のです。

(ひとつひとつ手作業だから、大規模農園では大変過ぎる…笑)

 

という訳で、

「ブーンブーン」と言いながら、

耳かき受粉作業を行ったのは、梅干研究所理事長氏(たかこの旦那様で、農園作業で特に活躍中!)。

 

「ブーンブーン」は蜂の羽音ということで、きっと梅の木さんも

気分よく受粉できたのではないかと思っております。たぶん…!

 

他にも、木の形を整えるべくロープで引っ張ってみたり、

あれこれ実験してみています。

 

きっと豊作に違いない!

 

今年は、梅干研究所農園の梅の木で、梅の収穫体験も予定していますので、

楽しみにしていてくださいね。

梅シロップや梅酒用の青梅収穫と梅干用の熟した梅収穫の2回できたらいいな、と考えているところ。

また決まり次第お知らせしますね。

たくさん実った梅園を想像するともうワクワクドキドキ…!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です