お子様にも梅しごとを♡

梅干し作りは本当に簡単で楽しいので、

大人はもちろん、小さなお子様にもおすすめです♡

 

保育園や幼稚園で作っているところも結構あるみたいですよね。

所長トキコの娘が通っていた保育園でも、

確か1歳児クラスから梅干し作りをしていたような記憶があります。

もちろんそれ以上の年齢のクラスになれば、当たり前に毎年梅干し作りを行うという、

梅干研究所にとって最高の保育園でした(笑)

 

梅しごとにも色々ありますが、

小学校に上がる前くらい〜小学校低学年くらいのお子様と一緒に作るのであれば、

梅干しや梅シロップが特におすすめです!

 

どちらも、

洗って、拭いて、ヘタを取って(別に取らなくてもいいんだけれど、ちびっ子は大体この作業がお好き)、塩もしくは砂糖を入れるだけというシンプルな工程だけれど、

毎日変化する様子を眺めることができて、

自分が作ったものを食べたり飲んだりできるのも、とっても嬉しいことみたいです。

 

梅干しは仕込んでから食べられるのは半年後くらいだけれど、

梅シロップなら、仕込んで2週間くらいで飲めるのがいいよね。

暑い夏を梅シロップとともに過ごして、

秋〜冬となったあたりでおもむろに梅干し解禁!

梅の英才教育がばっちりできちゃいます(笑)

 

さてさて、

梅干研究所発足の頃、こども研究員たちは確か3〜4歳くらいだったんですが、

今や2人とも中学生。

でも、毎年せっせと梅干し作りに励んでおります。

(こども研究員とは、所長と副所長、それぞれの子供であります。同じ学年なんです)

 

東京と福岡で同じ梅(梅干研究所梅園の梅ちゃんね)を使って梅干しを作る二人。

中学生にして二人とも梅干し作り歴10年以上、なかなか渋いです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です