Sさんちの梅干し


写真は、Sさんちの梅干し。

 

いつも庭にある梅の木で作っているそうで、粒が不揃いなのがイイ感じ!

 

Sさんちの梅干

 

去年は梅が不作だったから漬けてなくて、

おととし漬けた梅だけど、って見せてくれた梅干しちゃん。

 

漬けた年はシソが全然色づかなかったから、

去年になって、シソを追加したのだとか。

 

やっと赤くなってきたって笑ってた。

 

シソも庭に生えてて、たくさん採れる年はたくさん入れるし、

あんまり採れない年はそれなりにして、分量は全く決めてないんだって。

こういう気楽さっていいなあ。

 

梅干しって、

一年のうちの決まった時期しか作れないし、

三日三晩の土用干しとか、色々決まりごとがあるせいか、

面倒そうなイメージがたぶんある。

 

でも、

 

決まりごとは守らなくたって、たいていの場合、ちゃんと梅干しになる。

 

そりゃあ、きちんと作ればきちんと出来上がるけれども、

そしてそれはとっても美味しいけれども、

気楽に作ったってちゃんと作れる。

 

だって、梅干しって日本の家庭料理だもん。

 

そんなことを伝えられたらいいなあと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です