用意するもの(梅以外)

そもそも梅しごとって何を準備したらいいの?という疑問にお答えしてみます。

 

梅は時期になったら買うとして、それ以外のものについての説明です。

 

【塩】

梅干しを作るなら、塩は必須です。おうちにある塩でももちろんOK!

もし、新たに購入するのであれば、粗塩タイプ。しっとり系。ほんのり甘味や旨味を感じるような塩がおすすめです。

海水から作られた塩を選んでください。岩塩でも作ることはできますが、旨味のある梅干しにはならないので、あまりおすすめはできません。

(梅そのものの味を楽しむ梅干しにはなるので、作ってみるのは楽しいよ!)

サラサラしたタイプのものは梅になじみづらいので、梅干し作りにはおすすめできません。

梅干研究所がおすすめしているのは「海の精」という塩で、これはとってもとってもおいしく仕上がります。

 

使用量は梅1キロに対して180グラム程度です。これを目安にご用意ください。

初めて作るなら、梅1〜2キロぐらいでやってみるといいかも。

 

塩は余っても、また翌年使えるし! 

もちろん普段のお料理とかにも使えるよ。

 

梅干研究所のおすすめは「海の精」と「シママース」です。

 

【砂糖】

梅シロップを仕込むのであれば、梅と同量の砂糖が必要です。おうちにある砂糖でもちろんOKですが、使用量が結構多いです。

梅1キロに対して砂糖1キロ。

梅シロップは梅1キロ、もしくは500グラムくらいで仕込むのが作りやすいです。

 

砂糖は白砂糖、きび砂糖、てんさい糖、黒砂糖などなど、なんでもお好みでOKです。

それぞれの砂糖の味わいや個性と梅が相まって、どんな砂糖でもおいしくできあがりますよ。

ブレンドするのもおすすめです。適当にいろんな砂糖を混ぜるだけで、とってもおいしいシロップができあがります。

 

きび砂糖、黒砂糖のブレンドが所長トキコのお気に入りです。

 

【ジップロック】

梅干し作りにも梅シロップ作りにも使える便利アイテム! Lサイズがおすすめです。

梅1キロでLサイズがちょうどいいです。

2キロ以上作る場合でも、1キロ袋を複数用意する、という形で対処できます。

 

仕込み後は、もれないように2枚重ねにする、もしくはバットやトレーなどに置く形になります。

 

ガラス瓶でもOK。その場合は洗って、乾かしてから使います。

 

こちらも参考にしてくださいな。

容器とサイズについて

 

【竹串orつまようじ】

梅のヘタを取るのに使用します。面倒だったら、ヘタは取らなくてもいいんだけど、取る作業は結構楽しいのと、取ったほうがやっぱり舌触りよく仕上がるので、ヘタ取りはしてみるといいです。

 

【その他のアイテム】

ボウルやザル→梅を洗う時に使用。おうちにあるものでOK。

タオルやキッチンペーパー→洗った梅を拭く。

焼酎→なくてもいいけれど、梅干し作りの際にちょっと入れるとカビ防止になります。アルコール度数35%以上の果実酒用のホワイトリカーでOK。